東京に来ています

華南子です。

久しぶりに、夫とふたりで揃って東京に来ています。
いってみたかったおみせ、新しくできたおみせ、友人のおみせ、自分たちがデザインしたおみせ、
次のプロジェクトの施主との話のなかで出てきたおみせ。

ここぞとばかりにいろんなおみせにいくのだけれど、
数ヶ月ぶり、数年ぶりにいく場所はおもしろい。変化がある。
もちろんその場所自体も、そして自分も。

前にその場所を訪れた時は気が付かなったことに気づく。
前にその場所を訪れた時の自分のレベルでは気づけなかったことに気づく。

ずっと店にたってきたのでソフトばかり見てきたけれど、
夫と出会ってから気づくようになったことがたくさんある。
家具の作り、照明の種類やバランス、使われている材料のこと、ゾーニングのこと。

そういったハードのことは夫の担当なので、
わたしがその部分について意見を持てなくても大丈夫だけれど、
たとえば自分がそれまで感じていた原因不明の違和感や、
なんとなくの居心地の良さ・悪さの原因が、
そういう見えてなかった部分にあったことに気づけたりする。

因数分解していくこと。
なんで居心地がいいのか。
なんでなんとなく落ち着かないのか。
ぐっと近寄って、ぐぐっと引き下がって、
空間の構成要素を因数分解していって、原因をかんがえる。

目の前のハリボテに目眩ましされないように。
出来ること、気づけること。
増やしていきたい、こつこつと。