オークランド Camino!
オークランド Camino

(*この記事はfacebookに投稿したものを編集して転載したものです。)

今日の夕方、サンフランシスコに着きました!
早速、友人の住む家に遊びに行って、久しぶりの再会を喜んだあと向かった先はCAMINO!

「おすすめだから」

と紹介されて、事前情報も特になく行ったんだけど
めちゃくちゃ良かった。
かなこが少しでも見逃さんとする視線がよかったなー。

薪の火で焼くコーナーから、薪のオーブンのコーナーまで。
お店に入って直ぐ見える裸火の景色は圧巻。

camino

10m以上もありそうな長いテーブルにアンティークのチャーチチェア。独立したドリンクスペースはひっそりと、でもかっこよくそこにあって、上手く空間を区切っていた。

天井から吊るされた大きなサークル状の照明にはオリーブの枝が飾られていて、これも時期によって変更するのかなーということをイメージさせてくれるし、
メニューも時期によって(もしくは日によって?)変わりそうなチョイス。
毎週月曜日はステーキの日!みたいで、肉好きとしては一度行ってみたいなー。

キッチンの見え方、席の配置、照明の感じ、テーブルの大きさ、スタッフの動き、接客、フードのクオリティ、カウンターに置かれた野菜とかとか。

また行きたい!って思えるお店。

オークランド Camino

オークランド Camino

細かい部分を見て行くとアンティークのレンガ、コンクリートの研ぎ出しっぽい床、鉄板で巻かれた柱、大きな無垢のテーブル、カウンター、食器、家具などなど、どれも素敵。
でもそれ以上に空間全体が意志を持ってて、向かうべき方向、示すべき世界観を見せていることが凄い。

こういうお店つくりたい。
こういう空間は力を持つはず。