The ReBuilding Center JAPANをつくりたい
シアトルのSecond Use

(*この記事はfacebookに投稿したものを編集して転載したものです。)

アメリカから帰って来て、下諏訪にThe ReBuilding Centerみたいなのをつくりたい熱がふつふつと。
建築廃材扱って、建具も、照明も、碍子も、古材とか家具とか使えそうなやつを集めたい。
古材は柱とか梁だけじゃなくて、板物も、トタンも布も。
釘がついてるやつ、汚れてるやつは安く、綺麗にしたやつはそれなりの値段で、木っ端も一袋詰め放題いくらとか、一キロいくらとか。

東京とか古材が手に入りにくい場所で、お店をつくるひとが必要な古材が地方価格である程度まとまって買えて、それが日帰りで買い付けに来れる場所。
情報や在庫はネットでわかりやすく管理されてて、問い合わせにも対応できるといいなー(これ大変なんだろうけど)

古材は有限の資源だし、捨てるばっかりじゃ勿体ない。できるだけ保護して活用していけたらいいなーと常々考えています。

そしたら普通の人のDIYにも使ってもらいやすくなって、素材が良ければちょっとした棚つけるだけでもグッと完成度が上がる。完成度が上がるとDIYが楽しくなる。

サービス過剰で価格が高くなるくらいなら、低サービス低価格でがんばってもらうスタイルがいいなー。

third hands project

やりたい!(しかし先立つものがない)
ゆっくり物件探しはじめてみよー。