WAY OF WORKメヂカラの働き方

僕らは「いい空間」をつくりたいと思っています。
いい空間にするために必要なことは出来る限りやっていきたい、という思いから、
デザインすること以外に、
「施工に入って依頼主やその友人達と一緒につくること」と、
「依頼を受けた土地に住み込んでつくること」
を大切にしています。

空間デザインの世界は、例えいいデザインをしても、その空間がそのまま実現するとは限りません。
それは「デザインする人」と「実際につくる人」が違うからです。
つくれる人がいなければどんなにいいデザインでもそれは実現しません。
このギャップをなくすため、自分たちがその土地や依頼主にとって最善だと思える空間をつくるために考えた結果、
僕らはその土地で仮暮らしをしながら、つくるようになりました。

とはいえ、予算やスケジュールの都合でどうしても施工に入れないことがあります。
そういった場合は、デザインだけを請負い、その土地にそのときある状況のなかで、
いい空間を実現するために何ができるかを、一緒に話し合って考えながら進めるというやり方もあります。
以下にそれぞれの進め方を簡単にまとめましたので参考にしてください。